ホロライブがmocopi(モコピ)に対応!今後の配信はどう変わるのか

ホロライブ×mocopi

カバー株式会社『ホロライブプロダクション』がソニー開発のモバイルモーションキャプチャー『mocopi(モコピ)』に対応したとの発表が公式よりありました。

mocopiを新発売の商品でご存知でない方も多いかと思いますので、対応したことによる今後のホロライブメンバーたちの配信がどのように変わるのか簡潔に解説したいと思います。

目次

ホロライブがmocopiに対応したことによる変化

mocopi対応によるホロメンの配信

結論から言いますと、ホロライブがmocopiに対応したことにより、今までの配信で顔や手の表現までだったものが、全身を使った表現(フルトラッキング)が容易に可能となったということです。

これはリスナーの方にはもちろん嬉しいアップデートであり、ホロライブメンバーたちも感情の表現幅が広くなったことにもなるので、より配信を盛り上げられる素晴らしい機能ではないでしょうか。

個人的な感覚では、3Dライブのような表現をおうち配信でも今後は観れるようになるのではと思っています。流石にゲーム実況ではあまり使用されないかも知れませんが、企画系の配信は新しいものを含めて期待できるかも知れませんね。

では、上記のmocopiを所属タレントたちはどのように使っていくのか少しだけ触れていきます。

mocopiの使い方について

mocopiの使い方

少しメタい話になってしまいますが、ホロライブメンバーたちは今まで自社開発のフェイストラッキング(顔認識)とハンドトラッキング(手認識)を主に使っていました。

その際の使い方は、一般的なVtuberの方たちとほとんど同じで、スマートフォンのカメラアプリから表情などを認識し、メンバーたちの動きに連動させるという仕組みでした。

そこで今回のmocopiは、そのカメラアプリの要素はそのままにし、上記挿入画像のような小型で軽量なセンサーを各部位に装着することで、全身のモーションまでも読み込むという形に進化しています。

ソニーの商品説明によると、アプリのインストールとペアリングを済ませた後、頭、両手首、お尻、両足首の6か所へとセンサーを付けて設定すればOKのようです。

メンバーたちの負担も大きくなってしまわないか心配なところもあったので、このように取り外しも気軽に出来そうな設計で少し安心ですね。

もしかしたら、周年や記念ライブなどでもmocopiを取り扱うことによって、良い意味での変化があるのではと噂されています。

まとめ

以上がホロライブプロダクションが今後使用するmocopiについてでした。

筆者自身もホロライブは好きですがmocopiはあまり詳しくなかったので、リサーチしてこのような良い変化があると知りとても期待しています。

これからもカバー株式会社、及びホロライブを共に応援していきましょう(開発提供して下さったソニー様にも感謝)。

ちなみにmocopiは、本日発売(2023/1/20)価格は49500円(税込)とのことです。

現在はソニーストアでの購入がメインのようですので、商品詳細などをチェックしたい方は、リンクページを貼っておきますので公式ページをご覧ください。

ソニー製品情報・ソニーストア
モバイルモーションキャプチャー mocopi | ソニー モバイルモーションキャプチャー mocopi(モコピ)の商品ページです。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次